旧Nocturne of Moonlight-月光の夜想曲-です。
2012/09«│ 2012/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2012/11
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
18:50:11
題名の通り。
書きかけて止まる。
えぇ、なにも考えてない(死
あと、エタチャンの頭、主人公の名前と一人称を変えて書き直した。
スポンサーサイト

18:45:31
その日の朝はいつもと同じだった。
代わり映えのしない朝。
いつもと同じ風景。
でも、いつまでも続くと思っていた日々は儚く崩れ、終わりを迎える。
その時、自分は――

境界線上の二闘流(デュアリスト)
序章『都市艦上の転生者』

白い巨体が空を行く。
航空都市艦“武蔵”
左右三艦、中央二艦、計八艦で構成される巨大な空を飛ぶ船だ。
その中央後艦――“奥多摩”の名が付けられた艦の中、武蔵アリアダスト教導院学生寮の一室に彼は居た。

18:01:16
「……へっ?」

 それは一瞬だった。
 一瞬で自分は、その光に飲まれたのだった。

界枝/カイシ

 何処にでもあるような街。
音が、光が、物が、人が行き交う何処にでもあるような平凡な街。
 人々はいつものように一日を過ごしていく。
 そして、青年―巳筒・紫月(しとう・しつき)もまたいつもと変わらぬ朝、いつもと変わらぬ一日を過ごそうとしていた。
 駅の改札を通り、いつものようにたくさんの人が電車を待つホームで電車を待つ。
 その時だ。
 不意に身体が前へ……線路へと動く。
 自分から踏み出したわけでも、誰かに押されたわけでもない。
 たとえるなら、糸の切れた操り人形(マリオネット)が地面に落ちるように。
「……へっ?」
 自分の意志とは関係なく落ちていく身体。
 視界の端から近づいてくる光。
 ……おかしい、まだ電車が来るには一分は余裕があるはず。
 そう思うと同時、彼は光に飲まれて消えた。

16:04:46
実際に書くかはわからんけど境ホラ二次のネタメモ的な

最近の記事
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
Pixiv
Twitter
MHP2G
Web恋姫†無双
Web恋姫†無想 楽進を育成中!
リンク
月別アーカイブ
プロフィール

蛇(クチナワ)

Author:蛇(クチナワ)
元々は薙などと名乗っていた蛇さん。
HNはBlitzSnakeのはずだったのに気付けばめんどくさくてただ単に蛇と名乗りだしはじめた(ぇ
現役美大生……夜間校だがな!!

ちなみに某PBW銀雨の巳神・雷(b37260)の背後です。
pixiv登録しています。

twitter始めました。

カテゴリー
QRコード
QRコード
ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。